2014年10月30日

信頼できる情報かどうかを見極める目を養うこと

結婚したい!」と思ったらまずは結婚に関する情報をできるだけ集めることが大切です。
結婚に関する情報といってもさまざまであり

これから結婚相手を見つけるのであれば、お相手探しや婚活情報満載の結婚相談所がおすすめですし、すでに結婚が決まっていれば、結婚式場やウエディングに関する情報をブライダル情報を扱っているサイトや結婚式場などから集めます。

また、近年はインターネットの普及によって、パソコンを開けば膨大な情報を目にすることができます。調べたい項目を入れるだけですぐに情報が得られるので大変便利です。

ただし、すべてが正しいわけではありませんし、信頼できる情報とは限らないので、それらを見極めるしっかりとした目を養うことが大切です。

お相手探しの前に結婚相談所の情報集め

お相手探しから始める人は、まずはできるだけ多くの婚活情報を集めるために、自分に合う結婚相談所探しから始めましょう。
比較サイトなども数多くありますので、それらを参考にするのもよいですし、各社の資料を取り寄せて比較するのもおすすめです。

現在のところ、結婚相談所での成婚率は高いところでは50%を超えるところもありますが、平均すると10%ほどだということを理解しておきましょう。
結婚相談所に入会すれば、結婚が約束されるわけではありません。

また、入会には入会金や初期活動費、毎月の月会費、成婚料、パーティー参加費など、さまざまな費用が必要になることも認識しておきたいところです。
これらの情報は各社の資料やホームページなどでも確認できるので、とりあえずは情報集めをしっかりして、より信頼できる結婚相談所を選ぶことが大切です。

いざというときに役立つ代表者に関する情報

結婚相談所を選ぶときの情報として必要なのは、まず料金体系です。
入会金の有無、金額、会費、お見合い料、成婚料などはもちろん、それ以外にかかる費用がないかもチェックします。

中にはあまりにも安い料金設定の結婚相談所もありますが、あまりおすすめできません。
なぜなら、そこに集まってくる人は安さにつられていると思われますので、結婚への本気度には疑問が感じられます。

成婚料に関しては、無料であることを売りにしている結婚相談所もあるようですが、これは、運営する企業側の営利な面が見え隠れしています。
成婚料を支払ってしまえば退会となりますが、支払うシステムがなければ、結婚相談所をやめさせない方向にもっていけるわけです。

また、紹介のシステムも確認しましょう。
データによるマッチングなのか、アドバイザーによる紹介なのか、気に入った人がいれば勝手にコンタクトをとっていいのか、1ヵ月何人まで紹介可能なのかなど、気になる点は多いと思います。

そして、各種開催されるお見合いやパーティーにスタッフが立ち会ってくれるかどうか
本当に会員の思会い成功や出会いを応援しているのであれば、立ち会うのは当然でしょう。
これは、その結婚相談所の誠意がわかる点なので、情報としては必ず必要でし、比較する際のポイントになりますね。

必要な情報は料金とシステム

最後に結婚相談所に関する情報として代表者の詳しいプロフィールや、できれば顔写真も確認したいところです。

何かあったときに誰が責任をとってくれるのか、その相手を知っておくことは大切です。
特に中小規模の結婚相談所の場合には、直接顔を合わせておくとよいでしょう。
大手なら会社の沿革や概要などから情報を集めることができます。
いずれにしても、結婚に関する情報はインターネット上だけではなく、実際に利用した人も声や無料体験による印象なども含めて、より多くの情報から比較して選びたいですね。





posted by self_user at 12:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする